外壁塗装会社イロドリ外壁塗装に用いられる「セラミック塗料」の特徴やメリットを徹底解説

irodori column

「セラミック塗料」の特徴やメリットを徹底解説

セラミック塗料の基本的知識

まずは、セラミック塗料がどのような外壁塗装用の塗料なのか、その基本的なことから解説しましょう。


セラミック塗料の基本 ①
どんな塗料なのか

「セラミック塗料」とは、文字通りセラミックが配合されている塗料のことです。

セラミックというと陶磁器などを連想される方が多いことと思います。しかし、塗料におけるセラミックは、陶磁器も含めた「無機物」のことで、無機化合物や天然石、砂などもセラミックとして扱われます。

セラミック塗料の基本 ②
他の外壁塗料との違い

セラミック塗料は、次のように他の外壁塗装用の塗料と比べて大きな違いがあります。

■ セラミック塗料とアクリル塗料やシリコン塗料の違い

「セラミック塗料」を一般的な外壁塗装に用いられるシリコン塗料やアクリル塗料などと同じように考えると、セラミックが主成分なのかと思ってしまいます。例えばシリコン塗料は、塗料の主成分である樹脂素材にシリコン系の素材を使用している塗料のことをいいます。

しかし、実は主成分はセラミックではありません。

セラミック塗料は、確かにセラミック成分を含んでいますが、主成分である必要はなく、わずかでもセラミックが配合されていれば、セラミック塗料を名乗ることができるのです。

セラミック塗料の主成分は、実際にはベースとなっている塗料の主成分に依存しています。

アクリル塗料やシリコン塗料、フッ素塗料などの一般的な塗料にセラミックを添加している塗料がセラミック塗料なのです。

つまり、シリコン塗料にセラミックを添加すればシリコンが主成分、フッ素塗料であればフッ素樹脂が主成分ということになります。

■ セラミック塗料と無機塗料との違い

セラミック塗料は、無機塗料とは区別する必要があります。

外壁塗装用塗料の中には「無機塗料」と呼ばれるものがあります。無機塗料とは、塗料に無機物を添加している塗料のことです。

現在の技術では、無機物だけで外壁塗装用の塗料を製造することは不可能であるため、樹脂成分を主原料とする塗料に無機物を添加することで実用化しています。

実質的にはきわめて似ているのですが、概念的には少し異なりますので、「セラミック塗料は、セラミックが含まれている塗料である」ということをしっかりと押さえておきましょう。

セラミック塗料の基本 ③
外壁塗装における特徴

次に、セラミック塗料の特徴について解説します。

■ セラミック塗料の基本性能はベース塗料の性能に依存する

セラミック塗料の基本性能は、セラミックの有無に左右されません。

「○○が配合されている」と言われると、何となく性能がアップしたように聞こえてしまいますが、セラミックの存在は、「耐用年数・耐久性」「価格の傾向」といった塗料の一般的な性能に影響しません。

例えば、アクリル塗料は価格が安い代わりに低用年数が短く、シリコン塗料はアクリルよりも高額な代わりに耐用年数も長い、というような性能があります。

これらにセラミックを配合しても、基本的な性能には影響しないのです。

「セラミック入りのアクリル塗料なら、安くて長持ち!」ということにはなりません。

もちろん、次に説明するように、セラミック塗料ならではのプラス面もありますが、「セラミックだから高耐久」と思い込んでしまわないことをお勧めします。

■ セラミック塗料の3つのタイプ

セラミック塗料は3つのタイプに分けられます。

まず1つ目は、「微量のセラミック粒子が塗料の中に混ぜられているタイプ」です。

このタイプは、外壁施工した塗料が乾燥する際に添加されたセラミック粒子が塗膜の表面に浮き出ることで、塗膜に付着した汚れが雨水で流れ落ちるようになり、外壁が汚れにくくなる効果があります。

2つ目は「極小セラミックビーズが塗料の中に混ぜられたタイプ」です。

基本的な特徴は1つ目とほぼ同じですが、添加されている中空のセラミックビーズによって熱・音が遮断されることで断熱塗料・防音塗料としての効果も期待できます。

3つ目は「カラーセラミックスを配合したタイプ」です。

外壁塗装の仕上がりが石材のような見た目になり、でこぼこの多い仕上がりになります。

こうした特徴の違いがありますが、「汚れが付着しにくい」といった基本的な特徴はどのタイプも同じです。

■ セラミック塗料の2つの工法

セラミック塗料を外壁塗装に使用するにあたっては、主に2種類の工法が用いられます。

まず1つ目は「ローラー工法」です。

取っ手の付いた円筒に合成繊維などを巻き付けたローラーを使用して外壁を塗装する工法です。

線維の毛足の長さを使い分けることで、さまざまな種類の外壁を塗装できます。

2つ目は「吹き付け工法」です。

スプレーガンという工具を使用して塗料を吹き付けることで外壁を塗装する工法です。

ローラー工法よりも時間を大幅に短縮できるため、外壁の塗装面積が広い場合ではよく用いられます。

このように、工法ごとのメリットがありますので、塗装する外壁や予算などの条件に合わせて、最適な工法は異なります。

イロドリからのアドバイス

「吹き付け工法」の場合、塗料を吹き付けるという特性上どうしても「塗装したい部分の周辺」にも塗料がかかってしまうリスクがあり、注意しないと、住宅密集地で近隣トラブルの原因になってしまうことがあります。

「セラミック塗料」の特徴やメリットを徹底解説

外壁塗装におけるセラミック塗料のメリット

前項でセラミック塗料の特徴を簡単に説明しましたが、外壁塗装でセラミック塗料を使用することによって得られるメリットを詳しく解説していきましょう。


セラミック塗料で外壁塗装すると ①
汚れに強い

外壁塗装にセラミック塗料を使用するメリットは、高い「防汚性」を獲得できることです。

防汚性とは、外壁に付着した汚れがどの程度まで簡単に落とせるか、要するに汚れに強い外壁にできるかという性能のことを指します。

セラミック塗料を外壁に塗布すると、塗料が乾燥する際に含有するセラミック成分が塗膜の表面に浮き出てきます。

これにより、塗膜は「親水性」を獲得し、外壁に汚れが付着しても、雨水やホースの散水などで簡単に表面の汚れを落とすことができるのです。

汚れが付きにくく、簡単なメンテナンスで美観を維持できるため、特に汚れが目立つ明るい色の外壁にはもってこいの特性と言えるでしょう。

ただし、どのセラミック塗料でも一律に高度な防汚性を獲得できるというわけではありません。

前述した通り、セラミック塗料は、少しでもセラミック成分が配合されていれば、セラミック塗料を名乗れます。セラミック成分の割合や配合されているセラミック成分の種類は製品によって大きく違うのです。

したがって、同じセラミック塗料でも製品ごとに防汚性の程度は異なります。

防汚性を意識してセラミック塗料を選択するにあたっては、メーカーの公式サイトの情報などを検索し、どの程度の防汚性を期待できるかを調べておくと良いでしょう。

セラミック塗料で外壁塗装すると ②
デザイン性に魅力がある

外壁塗装にセラミック塗料を使用すると、「石材調の仕上がりになる」というメリットがあります。

前述の通り、セラミック塗料は塗布後、乾燥することでセラミック成分が表面に浮き出てきます。

まだら模様になり、まるで天然の石材を使用した外壁のような仕上がりになるため、のっぺりした外壁よりもデザイン性を重視したいという場合におすすめです。

ただし、どのような見た目に仕上がるかということは、やはり製品ごとに大きく異なります。メーカーの公式サイトなどには施工事例の写真が掲載されていますので、事前に調べて好みの仕上がりになるセラミック塗料を選びましょう。

セラミック塗料で外壁塗装すると ③
断熱性が高い

外壁塗装にセラミック塗料を使用すると、高い「断熱性」を獲得するというメリットがあります。

断熱性とは、外壁の熱伝導率の高さのことです。断熱性が高いほど外壁を熱が通過しにくくなりますので、「夏は日差しの影響を受けにくくなるので涼しくなる」「冬は室内の暖気が逃げにくくなるので温かくなる」という、温度的に快適な住空間を獲得できるわけです。

セラミック塗料に含まれているセラミック成分の中には、内部が空洞になっているものがあり、熱や音を遮断する効果があります。

暑い夏や寒い冬でも室内を快適に保ちたいのであれば、断熱・遮熱効果が高いセラミック塗料を選択することをおすすめします。

イロドリからのアドバイス

セラミック塗料に含まれているセラミック成分は、天然の石や砂だと重量が問題になるケースもありますが、軽いセラミック成分を配合しているタイプであれば塗膜の重量を抑えることができます。

「セラミック塗料」の特徴やメリットを徹底解説

外壁塗装におけるセラミック塗料のデメリット

ここまで説明したように、セラミック塗料にはさまざまなメリットがありますが、デメリットがないわけではありません。


セラミック塗料で外壁塗装すると費用が高額になる

外壁塗装にセラミック塗料を使用すると、外壁塗装の施工費用が高額になってしまう傾向があるのはデメリットになるでしょう。

高額になる理由は、セラミック塗料が同じグレードの塗料より数割ほど高いからです。

高いものだと5割~9割ほど高額になるセラミック塗料もあるため、施工面積が広いほど施工費用が高額になります。

セラミック塗料での外壁塗装には施工技術が必要

セラミック塗料を使用するには、施工者に高い塗装技術が求められます。

セラミック塗料は、セラミック成分を含んでいるため、塗装前に十分な「撹拌」が必要になります。

その技術が乏しい施工者だと、塗料内のセラミック成分が平均的に混じらず、そのまま塗装すると仕上がりに「ムラ」ができてしまうのです。

ムラができてしまうと、見た目が悪くなる可能性があるだけでなく、断熱性などの性能も十分に発揮しなくなります。

セラミック塗料を選択するなら、創業年が古いなど、高い施工技術を持っていると思われる業者を選ぶのがおすすめです。

「セラミック塗料」の特徴やメリットを徹底解説

外壁塗装の悪徳業者はセラミック塗料を多用する傾向あり

外壁塗装にセラミック塗料を選ぶなら、「悪徳業者」には十分気を付けてください。


■ 悪徳業者とセラミック塗料の関係

セラミック塗料を利用する場合に悪徳業者に気をつけなければならないのは、外壁塗装の悪徳業者が、多くの場合、セラミック塗料を使用していることを“売り”にしているからです。

実際に悪徳業者に聞いたわけではないので、そのような業者がなぜセラミック塗料を用いることが多いのかはわかりませんが、セラミック塗装をすると言うと、「何となくハイグレードな感じがするから」ということかもしれません。

「ウチは『セラミックが配合された優れた塗料』を使っています!」

「セラミック塗料は高耐久・高断熱性で、見た目も素晴らしいですよ!」

「このセラミック塗料は弊社オリジナルの製品で、弊社しか扱っていない優れものです!」

こんなセールストークをまくしたてられたら、なんとなく「良いものなんだな」「ぜひ使ってみたい」という気持ちになってしまうのは、自然なことかもしれません。

悪徳業者は、そんな心理に巧みに付け込んできます。契約を成功させるためのツールとして、聞こえの良い「セラミック塗料」を前面に押し出してセールストークを持ちかけられたら、警戒したほうがいいでしょう。

■ 悪徳業者を避けるためには?

悪徳業者に外壁塗装を依頼することには、言うまでもなく、さまざまなデメリットがあります。

・雑な仕事で仕上がりに不満が出てくる
・相場よりも高額な費用を請求される
・余計な作業まで勧めてくる(あるいは勝手に作業して費用を請求する)

外壁塗装のプロフェッショナルとしての切なる願いですが、悪徳業者に施工を依頼することは絶対に避けてください。

外壁塗装の悪徳業者は、次のような方法で見分けることができます。

・相見積もりを行い、費用相場を知る(相場より極端に安すぎる・高すぎるのは注意)
・見積もり内容を見せてもらい、不審な点がないことを確認する
・「セラミック100%」というキーワードを聞き逃さない(これは悪徳業者の手口)
・訪問販売は利用しない(悪徳業者の中には訪問販売をするケースが多い)
・やたらと契約を迫る相手とは絶対に契約しない(危機感を煽るケースに注意)
・極端な割引には警戒する

悪徳業者がこのすべてに当てはまるとは限りませんが、このポイントにいくつか当てはまるようなら、警戒して対応することをおすすめします。

イロドリからのアドバイス

もちろん、「セラミック塗料=悪徳業者」ということではありません。
善良で真っ当な業者もセラミック塗料を使用します。
上記のポイントを確認してください。

「セラミック塗料」の特徴やメリットを徹底解説

【まとめ】
セラミック塗料での外壁塗装は信頼できる業者に依頼しよう

セラミック塗料というと、「高機能・ハイグレードな塗料」という印象を持ってしまいますが、実際には主成分や配合によって性能は異なります。多くのメリットがありますが、施工費用が高額になりやるいなどのデメリットもあります。セラミック塗料の特性を十分に理解して選びましょう。

また、セラミック塗料は悪徳業者がセールストークで多用する傾向があるため、安易な言葉に乗せられないように注意してください。

イロドリ株式会社へご相談ください!

私たちイロドリも「無機フッ素塗料」を使用するプランをご用意しておりますので、東京・神奈川・埼玉の外壁塗装などのお悩みはイロドリ株式会社までご相談くださいませ!

- Reform -

0円リフォーム

あたらしい
リフォームの仕組み

ぜんぶ現金負担0円でリフォームをおこなえるスマートリノベーションとは、住宅ローンの専門プランナーが金利引き下げのサポートをおこない、削減した金利分までリーフォームや諸費用を組み込んで借り換えをするため、お客様のご負担が一切発生しないリフォームの支払方法です。

- Contact -

お問い合わせ

なんでもお気軽に
お問い合わせください!

「外壁塗装の費用はどれくらいかかるの?」
「屋根塗装の期間はどのくらいかかるの?」
「外壁塗装はどれくらい長持ちするの?」

どんな些細ことでも構いません。
お気軽にお問い合わせください!
心を込めて、丁寧に対応させていただきます!

イロドリ公式インスタグラム イロドリ公式ユーチューブ イロドリ公式フェイスブック
- Recruit -

採用情報

共に成長できる
最高の仲間がいる。

イロドリは外壁塗装・屋根塗装・ブロック塀塗装などの外壁塗装工事を行う外壁塗装業者として多摩地域 No.1 を目指す株式会社吉田が立ち上げたブランドです。外壁塗装・屋根塗装の「高度な技術・新しい技術・プロと言われる技術を身に付けたい!」という熱意ある人を募集しています。

施工エリア
Area

対応エリア

八王子市、町田市、府中市、調布市、西東京市、小平市、三鷹市、日野市、立川市、東村山市、多摩市、武蔵野市、青梅市、国分寺市、小金井市、東久留米市、昭島市、稲城市、東大和市、狛江市、あきる野市、清瀬市、国立市、武蔵村山市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村などの多摩地域を中心に東京都・神奈川県・埼玉県が対象地域となります。
※その他の地域に関しましては、ご相談ください。