外壁塗装会社イロドリ外壁塗装の色選びで
失敗する人の特徴

irodori column

外壁塗装の色選びは、後悔しやすい、と言われています。

代表的なのは「塗る前のイメージと違った」「思ったよりも汚れが目立つ」というところでしょう。

私は外壁塗装業者として20年、色々な業界の話やお客様の話を聞いてきました。

色々な話を聞く中で「色選びで後悔してしまう人」には共通点があることに気づきました。

細かい話を含めたら共通点は100個以上あるのですが、今回はその中から厳選して後悔する人の特徴を3つ紹介します。

あなたも知らず知らずのうちに後悔への一歩を踏み出しているかもしれません。

「後悔しやすい人」に当てはまっているかどうか、ぜひチェックしてみて下さい!

外壁塗装の色選びで失敗する人の特徴

特徴 ①「人任せ」

最初に誤解がないように補足です。私たちのような、外壁塗装業者に頼るな!ということを言いたいわけではありません。

ただ、「よくわからないから、全部お任せします!」と言われてしまうと困るのも事実です。

男性視聴者の方は、今でも、若かりし頃でもかまいません。思い出してみて下さい。

女性に「今日はなに食べたい?」と聞いたときに「なんでもいい」と言われたら困りませんか?

なんでも良いといった割りに「中華よりイタリアンな気分だった」なんて言われたら「それならそうと言ってよ」みたいなことはありませんでしたか?私だけですか?

外壁塗装においても同じです。

ちろん「外壁の色は白、屋根はネイビー」と最初から決めて欲しい!と言っているわけではありません。

先ほどの「何食べたい?」問題で言うと

・ガッツリよりはアッサリ
・中華な気分ではない
・昨日はカレーを食べた

といった情報が欲しいわけです。

外壁塗装なんて、滅多に行いません。なので、わからないのは当然です。ただ、この記事でも解説している通り、インターネットで色々なお家を見て、好みを探しておくのがオススメです。

お互い情報がない中で正解、つまりあなたの理想を導き出すのは非常に難しいです。

しかし、外壁塗装業者を頼りにしながらもあなた自身がどうしたいか、ということを伝えると色選びで失敗する確率をグッと下げることができるはずです。

なにより人間は「自分で決めた事には責任を持つ」ようにできています。

ぜひ積極的に色選びに参加してみて下さい!

以上、色選びで後悔しやすい人の特徴 ①「人任せ」でした。

外壁塗装の色選びで失敗する人の特徴

特徴 ②「業者を信頼していない」

これは、今回の特徴で紹介しようか迷いました。 「お前が言うな!」という声も聞こえてきそうです。

しかし、このような形でないとなかなか語れない 本音の部分なので説明させていただきます。

まず、一番の課題は私たちのような外壁塗装業者が お客様に信頼されるような提案をしていないことです。

もちろん、業者の言いなりになりましょう、というわけでもありません。

それを踏まえた上で話を進めていきます。

では外壁塗装業者が信頼されている場合とされていない場合で どのような違いがあるのか、山田さんと鈴木さんのケースを例に説明します。

業者を信頼していない山田さん(仮名)のケース

まずは山田さん(仮名)のケースです。

山田さんは色決めで悩んでいます。色々と考えた結果、外壁を黒にしたいと思い、そのことを外壁塗装業者である吉田塗装の担当者に伝えました。

すると吉田塗装の担当者は「黒は最近の流行りの色でカッコいいですもんねえ。・・でも山田さん、黒は

・熱を吸収しやすい
・色褪せしやすい
・汚れが目立ちやすい

というデメリットもあるんです。なので、濃いめのグレーにするか、超低汚染塗料にした方がいいですよ」と説明をしました。

しかし、山田さんは吉田塗装を値段だけで選んで信頼は全くしていないので、「吉田塗装は、最初は安い値段で釣っておいて高額の塗料を売りつけようって腹だな!」と思ってしまい、濃いグレーにもせず、色褪せしにくい・汚れにくい塗料を選ぶこともせずに「黒」で塗装することにしました。

すると5年後、山田さんの黒いお家は色褪せ、汚れも凄く目立っていたそうです。

5年後の山田さんは「吉田塗装なんかに外壁塗装頼まなきゃよかった!」と思いました。

山田さんの場合、黒を塗りたければ別の塗料を選ぶ必要があり、安い塗料で塗るのであれば別の塗料を選ぶ必要がありました。

しかし黒を選んで安い塗料で塗ってしまった、という話です。

現在は塗料が進化しているため、黒で塗るのデメリットを解消できるようになっています。

そういう意味では一昔前よりは選べる色も増えている、とも言えるでしょう。

ただ、ここで重要なことがあります。「しかるべき対応を取ることによって」はじめて自由に色が選べる、ということです。

でも山田さんは吉田塗装を信頼していないがために提案を無視してしまいました。

塗装の失敗を防ぐためには、数社と連絡を取り、たくさん相談して信頼できる業者を見つけることが重要です。

業者を信頼していない鈴木さん(仮名)のケース

つづいて鈴木さん(仮名)のケースです。

鈴木さんは近所のお家を見て、あのお家の黄色、素敵!と思い、外壁をそのお家と同じ黄色にしたいと思いました。

打合せで借りていた色見本帳の中から近いと思った色を選んで、「この淡い黄色にしたいんです」とイロドリペイントの担当者に伝えました。

ところがイロドリペイントの担当者は「その黄色はけっこう濃いめの黄色になりますよ?」と言いました。

鈴木さん:「え、でもこの写真のお家と同じ色ですよね?」

担当者:「おそらく、もう少し薄い黄色だと思うので、実際に見てきますね」

と言って、イロドリペイントの担当者は淡い黄色のお家を見ることにしました。

そこで実際に色見本帳の色と合わせてみると、やはり、希望の色は鈴木さんの指定した色より薄い黄色であることがわかりました。

そのことを鈴木さんに説明をすると

鈴木さん:「そうなんですね、わかりました。プロの方が言うなら間違いないですね!」

と納得してもらいました。結果的に、鈴木さんのイメージ通りの色になりました。

鈴木さんは「あの時、あの黄色のまま塗らなくて良かった」と思いました。

鈴木さんのケースの場合、自分の思っているイメージが否定されてしまったわけです。

しかしイロドリペイントの担当者が言っていることを聞いて考え直した結果、理想通りの色にすることができました。

多くの外壁塗装業者はお客様の希望通りになってほしくて提案しています。

お客様に喜んで欲しい気持ちが90%、「イメージと違う!」と言われても困るという気持ちが10%です。

私たち、塗装業者は日々のお客様との打ち合わせや実際の現場で多くの経験を積んでいます。

職業病かもしれませんが、プライベートでも運転中でもついつい気になって、外壁の観察をしている、プロです。

塗料・色選びは外壁塗装業者との2人三脚で進めるべき作業です。

しっかりとイメージを伝え、信頼して相談することが大切です。

ということで、あなたの希望に対し、あなたが納得できる適切な提案をしてくれる業者を見つけましょう。

以上、色選びで後悔しやすい人の特徴 ②「業者を信頼していない」でした。


こちらの動画で業者の見極め方について解説していますので、信頼できる業者を見つける参考にしてみて下さい。

外壁塗装の色選びで失敗する人の特徴

特徴 ③「知識不足」

お家というのはあなたの持ち物で一番大きい物です。そのデザインを決めるので、簡単なことではありません。金額も安くないので塗ってから塗り直すわけにもいきません。

さらにいうと、大きいものなので完成図のイメージがつきにくいものです。なぜなら色というのは

・見る人
・日の光
・大きさ
・組み合わせ

によっても 見え方が変わるからです。

塗り終わって、自分の目で見て、初めてどんなお家なのかがわかります。

大半は、塗る前のイメージと実際に塗り終わったお家ではギャップが生じます。

ではどうすればいいのでしょうか?

2つ、抑えておきたいポイントがあります。

・1つ目はギャップを減らすための知識をつけること
・2つ目はギャップの範囲を予測しておくこと

以上、2点を説明していきます。

ギャップを減らすための知識をつける

ギャップを減らすための知識とは

・錯覚
・壁の材質
・ツヤ
・陽の光

これらの影響で、どんな見え方になるかを知るということです。

これを知らずに、色見本帳だけで色を決めると塗装後にギャップが生じます。

ギャップの範囲を予測しておく

ギャップの範囲を予測しておくことは見方が変わる、ということです。

・見る人
・見る時間
・天候
・季節
・テンション

これらの影響で、見え方は変わります。

もちろん白い外壁が黒く見える、なんていうことはありませんが「家自体の色は変わってないけれど、見え方は変わるよね」という感覚を持っておくと良いでしょう。

1つ目のギャップを減らすための知識は色を選ぶ際に持っておくと良い知識です。

2つ目のギャップの範囲を予測しておくことは塗り終わった際の選んだ色の外壁が、どんな見え方をするかをあらかじめ想定しておくための知識です。

ということで以上2つの知識をつけて後悔しないようにしましょう。

また塗り替え終わった時、お家がどんな表情をみせるのか想像しながら出来上がりを楽しみに待ってみてはいかがでしょうか?

以上、色選びで後悔しやすい人の特徴 ③「知識不足」でした。

外壁塗装の色選びで失敗する人の特徴

【まとめ】

以上、「外壁塗装の色選びで後悔しやすい人の特徴」を紹介しました。

独断と偏見ではありますが、どれも後悔しないようにするには欠かすことができない要素ですので参考にしてみて下さい。

今後も外壁塗装で失敗しないための情報を発信していきます。

私たちイロドリ株式会社では、外壁塗装の色選びの失敗を防ぐためにお客様との相談を大切にしています。色見本やシミューレーションツールを使って塗装後に後悔しないようにしっかりとアドバイスさせていただきます。

塗装に関するお悩みやご相談、どんなことでも構いません。外壁塗装・屋根塗装のことならイロドリまでご連絡ください。

外壁塗装大学いろどり

YouTubeチャンネル「外壁塗装大学いろどり」では、外壁塗装に関する様々な情報を配信しています。
今回の記事「外壁塗装の色選びで後悔しやすい人の特徴」の動画も公開していますので、ぜひご覧ください。

YouTubeで動画を見る

- Reform -

0円リフォーム

あたらしい
リフォームの仕組み

ぜんぶ現金負担0円でリフォームをおこなえるスマートリノベーションとは、住宅ローンの専門プランナーが金利引き下げのサポートをおこない、削減した金利分までリーフォームや諸費用を組み込んで借り換えをするため、お客様のご負担が一切発生しないリフォームの支払方法です。

- Contact -

お問い合わせ

なんでもお気軽に
お問い合わせください!

「外壁塗装の費用はどれくらいかかるの?」
「屋根塗装の期間はどのくらいかかるの?」
「外壁塗装はどれくらい長持ちするの?」

どんな些細ことでも構いません。
お気軽にお問い合わせください!
心を込めて、丁寧に対応させていただきます!

イロドリ公式インスタグラム イロドリ公式ユーチューブ イロドリ公式フェイスブック
- Recruit -

採用情報

共に成長できる
最高の仲間がいる。

イロドリは外壁塗装・屋根塗装・ブロック塀塗装などの外壁塗装工事を行う外壁塗装業者として多摩地域 No.1 を目指す株式会社吉田が立ち上げたブランドです。外壁塗装・屋根塗装の「高度な技術・新しい技術・プロと言われる技術を身に付けたい!」という熱意ある人を募集しています。

施工エリア
Area

対応エリア

八王子市、町田市、府中市、調布市、西東京市、小平市、三鷹市、日野市、立川市、東村山市、多摩市、武蔵野市、青梅市、国分寺市、小金井市、東久留米市、昭島市、稲城市、東大和市、狛江市、あきる野市、清瀬市、国立市、武蔵村山市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村などの多摩地域を中心に東京都・神奈川県・埼玉県が対象地域となります。
※その他の地域に関しましては、ご相談ください。