外壁塗装会社イロドリ60坪の外壁塗装の相場と
費用を安くする方法

irodori column

外壁塗装を定期的に行えば、建物の外観だけでなく耐久性なども向上できるというメリットがあります。

一般に外壁塗装は塗装業者に依頼しますが、気になるのは「費用」、つまりお金の問題です。

お金がかかるのは仕方ありませんが、「相場」がわかれば予算も立てやすくなるでしょう。

本記事では、「60坪の外壁塗装にかかる費用の相場」、そしてその費用を少しでも節約するにはどうすればいいかを解説していきます。

60坪の外壁塗装の相場と費用を安くする方法

60坪の外壁塗装にかかる費用の相場

まず、「早く結論を知りたい!」という人のために書きますが、
「60坪の外壁塗装」にかかる費用の相場は、おおむね120万円~170万円ほどです。
この金額をを高額と感じるかどうかは、人によると思いますが、なぜそのような相場になるのでしょうか。

塗料の種類ごとの相場

外壁塗装にかかる費用の相場を大きく左右する要素には、「使用する塗料の種類」があります。

・アクリル塗料:100万~120万円
・ウレタン塗料:110万~130万円
・シリコン塗料:130万~150万円
・フッ素塗料:140万~170万円
・遮熱・断熱塗料:150万~180万円
・光触媒(無機塗料):170万~190万円

一般的に、塗料の耐用年数が長くなるほど、1回あたりの外壁塗装にかかる費用の相場は高額になっていきます。

60坪の外壁塗装費用が高額になる要因

外壁塗装の費用が高額になる要因には、「60坪」という「施工する建物の敷地面積」も大きく関わっています。

■ 作業面積の広さによる人件費の高額化

60坪など敷地面積が広い建物の外壁塗装は、塗装する外壁の面積も広くなります。
その分だけ人件費がかかることになります。

■ 足場などの費用も敷地面積で決まる

60坪ある敷地面積や塗装面積が広くなると、人件費だけでなく、「足場を組む数」「消費する塗料」も多くなりますので、それが費用の相場を引き上げる要因となっています。

イロドリからのアドバイス

60坪の敷地面積は「少し大きめな一軒家」とイメージするとわかりやすいと思います。

60坪の外壁塗装の相場と費用を安くする方法

60坪の外壁塗装の費用を相場より安くする7つの方法

少なくとも100万円はかかってしまう「60坪の外壁塗装」ですが、少しでも費用を抑えることはできないのでしょうか。

そこで、外壁塗装の費用を抑えられる7つの方法を紹介していきましょう。

60坪の外壁塗装費を相場より抑える方法 ①
複数の業者に見積もりを依頼する

60坪の外壁塗装費用を少しでも抑えるなら、低い費用を提示してくれた業者に依頼することです。

そういう業者を見つけるためには、「複数の業者に見積もりを依頼する」ことが必要です。

例えば「60坪の外壁塗装なら、ウチは150万円で施工できます」という業者がいたとしましょう。

ここで「そんなものか」と思えば、他の業者に聞くことなく依頼してしまうかもしれませんよね。

ところが別の業者では「120万円」「110万円」で施工してくれることが後からわかったら、とても残念でしょう。数十万円を節約するためには、複数の業者に聞いてみなければならないのです。

■ 見積もりは最低でも3社に依頼を

複数の業者に60坪の外壁塗装の見積もりを依頼するなら、「最低でも3社以上の業者に相見積もり依頼する」のがおすすめです。

例えば、「A社:150万円」「B社:100万円」という見積もりが提示されたとします。

B社の方が安く済むので、お得感を感じるかもしれません。

しかし、そこに「C社:140万円」「D社:160万円」という見積もりが提示されたらどうでしょう。

相場に対して100万円という異様に安い金額を提示したB社は、ちょっと怪しいかもしれませんね。

2社だけでは比較できないポイントも、3社以上で比較することで比べやすくなるのです。

■ 悪徳業者の見分け方

見積もりを見比べるポイントは、「安ければ安いほど良いわけではない」ということです。

最も重要なことは、「悪徳業者を見分ける」ことです。

悪徳業者というのは、最初の見積もりの段階では他社よりも安い金額を提示し、施工後に追加料金などの名目で高額な費用を請求してくる業者のことです。

「明らかに他社よりも安すぎる金額を提示してくる業者」は、もしかしたら悪徳業者である可能性がある、ということを念頭に置いておきましょう。

60坪の外壁塗装費を相場より抑える方法 ②
助成金や補助金などの制度を利用する

業者の見積もりが高額であっても、60坪の外壁塗装費用負担を実質的に軽減できる方法があります。

それは「助成金・補助金といった、国や自治体が実施している制度を利用する」ことです。

お住いの自治体によっては、外壁塗装に関して何らかの助成制度や補助制度を準備しているところもあります。

自治体によって制度の有無や利用条件のハードルの高さは異なりますが、お住いの自治体の補助制度等を確認して、ご自身の外壁塗装のケースで活用できないかを確認することをおすすめします。

場合によっては、数十万円単位で費用負担を軽減できる可能性があります。

60坪の外壁塗装費を相場より抑える方法 ③
加入している保険を利用する

助成金・補助金と同じように、60坪の外壁塗装の費用負担を軽減する方法としては、「保険を利用する」方法があります。

例えば火災保険の中には、自然災害等によって発生した費用を補償してくれるものがあります。

もし、外壁塗装を行う理由が台風や豪雪といった自然災害の被災なら、そのような保険が補償してくれるかもしれません。

火災保険以外でも、外壁塗装を行う理由に関連する補償内容や特約を盛り込んでいる保険はありますので、加入している保険の定款をひと通り見直してみましょう。該当しそうな補償内容や特約があれば、外壁塗装の施工を行う前に保険会社に問い合わせておきましょう。

60坪の外壁塗装費を相場より抑える方法 ④
業者の繁忙期を避ける

60坪の外壁塗装の業者見積もりを低く抑える方法としては、「塗装業者の繁忙期を避けて依頼する」という方法があります。

一般的に、塗装業者の繁忙期は秋頃です。この繁忙期に依頼すると見積もり費用が高額になることがあります。

繁忙期は、その時期の依頼が多いということなので、依頼してから施工までに時間がかかってしまうケースも多くなります。

お急ぎということでなければ、気候が安定し、依頼件数が比較的少ない春頃に依頼することをおすすめします。

繁忙期以外ではそれぞれキャンペーンを実施している業者もあります。

依頼するつもりの業者のホームページを見て、過去のキャンペーン実施内容があれば確認しておきましょう。

60坪の外壁塗装費を相場より抑える方法 ⑤
減税制度を利用する

これは費用を直接抑える方法ではありませんが、「減税制度」を利用するのもひとつの方法です。

「住宅借入金等特別控除」、いわゆる「住宅ローン減税」は、一定の条件を満たした住宅ローンの利用者の所得税を減税できる制度です。

行う予定の外壁塗装が住宅ローン減税の条件を満たしていれば、所得税の節税によって実質的に外壁塗装費用を節約できる計算になります。

最初に書いたように、60坪の外壁塗装の相場は100万円以上になりますので、減税の条件を満たす可能性が高くなります。見積もりを依頼する際に、住宅ローン減税を利用できるかどうかを業者に確認しておきましょう。

60坪の外壁塗装費を相場より抑える方法 ⑥
屋根の塗装とセットで依頼する

もし、60坪の一軒家で、外壁だけでなく屋根の塗装も予定しているなら、同じ業者に「外壁塗装+屋根の塗装」を依頼することで、実質的な費用を抑えることができます。

屋根の塗装をセットで施工すると、足場の敷設などが1回分で済むため、別々に依頼する場合と比較して費用が抑えられるのです。

もちろん、必要もないのに屋根の塗装をセットで行う必要はありませんが、外壁塗装が必要な状態だとすると、屋根の塗装も劣化してしまっているケースが多いと思います。

屋根の状態を確認し、塗装の必要性があると判断したら、外壁と合わせて屋根の塗装も依頼できる業者を選定するのがいいでしょう。

60坪の外壁塗装費を相場より抑える方法 ⑦
安い塗料はNG

外壁塗装の費用を抑えるために「費用が安い塗料を使用する」という方法は、短期的には有効でも、長期的に見るとあまりお勧めできない方法です。

その理由は、最初に書いたように、費用の安い塗料は耐用年数が短く、再施工の頻度が短くなってしまうからです。

かりに外壁塗装の費用を60%に抑えられる塗料だったとしても、耐用年数が半分だとしたら、2倍の頻度で塗装することになり、期間あたりの費用は120%かかることになります。

短期間で引っ越してしまうのならそれでもいいかもしれませんが、外壁塗装するということは、この先まだ長く住み続けるということだと思います。費用が高くなっても、耐用年数がより長い塗料を使用したほうが、結果的に外壁塗装費用がお得になる可能性がありますので、注意が必要です。

イロドリからのアドバイス

外壁塗装に関する減税や保険などについては、業者の担当者が詳しく知っていることが多いので、可能な限り確認して、利用できる制度はすべて利用して費用負担を軽減しましょう。

60坪の外壁塗装の相場と費用を安くする方法

相場はあくまでも相場でしかない

ここまで外壁塗装の相場と、その費用を安くする方法について話を進めてきましたが、1つ注意してほしいことがあります。
それは、「相場は、あくまでも相場でしかない」ということです。

複数社が高額な外壁塗装の見積もりを出してきたら

仮に1社だけがやたら相場とかけ離れた価格を提示してきたら、それは悪徳業者である可能性がある、と書きました。

しかし、「相場は150万円~200万円だと聞いたけど、実際に5社で見積もりしてもらったら、5社とも200万円~250万円だった」というようなことも、実際にはよくあります。

その5社は、すべて相場以上の価格を提示する悪徳業者なのでしょうか。

おそらくそうではないでしょう。

外壁塗装の費用が上がってしまう理由に、例えば「塗装する外壁に修繕箇所が多い」ことがあります。

同じ敷地面積の外壁塗装案件でも、実際の作業内容はケースバイケースです。

作業内容がシンプルなもので終わることもあれば、事前準備も含めてさまざまな作業内容が必要な案件もあります。

外壁塗装に限らず、必要な作業量が多い案件や、難しい作業を必要とする案件は、必然的に見積もり価格も高額になりやすいのです。

つまり、事前に知っていた相場より、全ての業者が高い見積もり価格を提示してきたのなら、その案件は「一般的なケースよりも難しい案件」ということになります。

外壁塗装の相場を知る意味はない?

「具体的な見積もり金額がケースバイケースなら、相場価格を知る意味はないのでは?」

そう思う人がいるかもしれませんが、一概にそうとも言い切れません。

確かに、相場価格を外れる価格帯の見積もりが絶対に怪しいわけではありません。

しかしながら、「相場価格を知っている」ことは一種の安心感をもたらしてくれます。

「おおむねこのくらいの見積もり価格になるだろう」と知っておけば、心の準備ができるからです。

仮にその価格帯とズレる場合には、「相場よりもズレている」ことがわかったわけなので、その理由を業者に尋ねることができます。

相場はあくまでも相場でしかありません。しかし見積もりを依頼する前に知ることができる大事な情報の1つとして、知っておくに越したことはないのです。

イロドリからのアドバイス

「相場を過信しすぎること」は避けなければなりませんが、「相場という情報を知っている」ことは少なからず力になってくれるでしょう。

60坪の外壁塗装の相場と費用を安くする方法

60坪なら200万円以下が多いが、
相場をあてにし過ぎないことが必要

一般的な外壁塗装だけなら、60坪では200万円を下回ることが多いでしょう。

しかし、外壁の状態や使用する塗料の種類、その他の事情を鑑みると、想定していた相場よりも高額な費用を見積もられることもあります。

相場はあくまでも相場でしかありませんから、個別の事情によって見積もられる費用も変動することを念頭に置いてください。

イロドリからのアドバイス

外壁・屋根塗装のプロ集団、イロドリ株式会社では、一般的に分かり辛く不透明な塗装料金を、お客様にわかりやすくお伝えするとともに、ご納得してご依頼していただくために、事前のお打ち合わせを入念に行っております。

東京都・神奈川県・埼玉県の外壁塗装などのお悩みは、イロドリ株式会社までご相談くださいませ!

- Reform -

0円リフォーム

あたらしい
リフォームの仕組み

ぜんぶ現金負担0円でリフォームをおこなえるスマートリノベーションとは、住宅ローンの専門プランナーが金利引き下げのサポートをおこない、削減した金利分までリーフォームや諸費用を組み込んで借り換えをするため、お客様のご負担が一切発生しないリフォームの支払方法です。

- Contact -

お問い合わせ

なんでもお気軽に
お問い合わせください!

「外壁塗装の費用はどれくらいかかるの?」
「屋根塗装の期間はどのくらいかかるの?」
「外壁塗装はどれくらい長持ちするの?」

どんな些細ことでも構いません。
お気軽にお問い合わせください!
心を込めて、丁寧に対応させていただきます!

イロドリ公式インスタグラム イロドリ公式ユーチューブ イロドリ公式フェイスブック

- Recruit -

採用情報

共に成長できる
最高の仲間がいる。

イロドリは外壁塗装・屋根塗装・ブロック塀塗装などの外壁塗装工事を行う外壁塗装業者として多摩地域 No.1 を目指す株式会社吉田が立ち上げたブランドです。外壁塗装・屋根塗装の「高度な技術・新しい技術・プロと言われる技術を身に付けたい!」という熱意ある人を募集しています。

施工エリア

Area

対応エリア

八王子市、町田市、府中市、調布市、西東京市、小平市、三鷹市、日野市、立川市、東村山市、多摩市、武蔵野市、青梅市、国分寺市、小金井市、東久留米市、昭島市、稲城市、東大和市、狛江市、あきる野市、清瀬市、国立市、武蔵村山市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村などの多摩地域を中心に東京都・神奈川県・埼玉県が対象地域となります。
※その他の地域に関しましては、ご相談ください。