外壁塗装会社イロドリ外壁のクラックはなぜできる?
どうしたら補修できる?

irodori column

クラックとは、建物の外壁に入ってしまうひび割れのことです。

もし大切な自宅の外壁にクラックを見つけたら、誰でも不安になってしまうと思います。

その不安は、決して見当違いのものではありません。早めの補修が必要な状況です。

そこで本記事では、外壁にクラックが発生する原因は何か、そしてその補修方法や対策などについて解説していきます。

建物のクラックが心配な方にとって役立つ情報を盛り込んでいますので、ぜひ参考にしてください。

外壁のクラックはなぜできる?
どうしたら補修できる?

外壁にクラックが発生する原因

外壁に発生するクラック(ひび割れ)は、主なものとして、「ヘアークラック」と「構造クラック」という2種類があります。

それぞれのクラックごとに具体的な症状と、発生する原因を説明しますので、ご自宅のクラック(ひび割れ)がどちらに当てはまるのかを見きわめてください。

クラックの種類①
ヘアークラック

ヘアークラック(ヘアクラック)とは、「幅:0.3mm以下、深さ:4mm以下」の細かい外壁のひび割れです。髪の毛のように細いため、ヘアー(髪の毛)クラックと呼ばれます。

このクラックはあまり深さがなく、大抵の場合、ひびは外壁の塗装面までしか浸透しておらず、外壁素地の部分まで及んでいないことが多いです。

塗装面のみひび割れが発生している状況なら、慌てて補修しなければならないほどの緊急性はないといえるでしょう。ただし、ヘアークラックが悪化して、後で説明する「重度のクラック」に発展してしまう可能性もありますので、油断はできません。

■ ヘアークラックの発生原因

ヘアークラックはどうして発生するのでしょう。

これは主に「経年劣化」が原因です。塗装部分のみのクラックは、塗膜が紫外線などの影響を受けて経年劣化を起こすことで、素地の膨張収縮に耐えきれなくなり、発生するのです。

塗膜の耐用年数が経過している、あるいはもうすぐ経過しようとしている段階で、ヘアークラックが発生している場合には、特に問題はありません。

問題は、「塗膜の耐用年数に対して極端に短い期間でヘアークラックが発生している場合」です。

そのような場合は、外壁塗装の施工時に何らかの問題があったと考えられます。

具体的には、次のようなことです。

・塗装時に塗料の乾燥時間が適切ではなかった
・塗料の選択が間違っていた

このどちらも外壁塗装を行った業者側の過失です。同じ業者に塗装のやり直しを依頼するのは、ちょっと考えたほうがよさそうです。

クラックの種類②
構造クラック

構造クラック(貫通クラック)とは「幅が0.3㎜を超える」ひび割れです。建物や外壁塗装に詳しくない人でも、パッと見ただけで、「これは危ないのではないだろうか?」と思ってしまうような見た目です。

構造クラックをそのまま放置していると、

・雨水の進入
・外壁の腐食
・建物の強度の低下

といった事態を招く原因となります。

構造クラックはヘアークラックよりも緊急性が高く、できるだけ早めに業者に連絡して補修してもらうことをお勧めします。

■ 構造クラックの発生原因

構造クラックが発生する原因を見てみましょう。

塗装面にクラックが発生しているヘアークラックと比べると、構造クラックは外壁の内部からひびが発生しているケースが多いです。

その原因はいくつか考えられますが、主な原因としては

・ヘアークラックを放置して被害が拡大した
・建物に構造的な欠陥があった
・地震などの強い衝撃を受けた

といったことが挙げられます

イロドリからのアドバイス

経年劣化や自然災害による「人が原因ではないケース」もあれば、「住人や施工担当業者の責任でクラックが起きるケース」もあります。

外壁のクラックはなぜできる?
どうしたら補修できる?

外壁クラックの補修方法

ご自宅の外壁にクラックを発見して、補修工事を業者に依頼することになったとき、「どんな方法で補修をするのか」という疑問や、「ちゃんと直るのだろうか」という不安を感じると思います。

そこで、私たち「イロドリ」がいつも行っている作業の流れを中心に、外壁補修工事の具体的な施工内容を解説していきましょう。

私たちイロドリの外壁塗装の流れ

私たちイロドリは、一般的に、以下のような流れで外壁塗装の作業を進めます(ご依頼内容や建物の状態、周囲の状態に応じて作業内容は変化します)。

1. 足場・メッシュシートの設置
2. 高圧洗浄
3. 乾燥
4. 下地調整
5. 養生
6. 外壁塗装

クラック補修するUカット工法

クラックは被害状況や外壁の素材などを考慮して補修方法を選択しますが、ここでは、よく用いられる「Uカット工法」の流れを解説します。

1. 工具を用いてクラックをU字型にカットする
2. プライマー(下塗り用の接着剤)を塗布する
3. コーキング材を充てんする
4. クラック部分または外壁全体を塗装する

クラック補修を業者に依頼するとかかる費用の相場

クラックの補修を業者に依頼する場合の費用相場について説明します。

ですが、費用相場の説明はとても難しいのです。なぜなら外壁のクラック補修は、「施工する面積」に応じて費用が変動するからです。

クラックが一部分だけであり、施工面積が小さければ、その分、費用も抑えられますが、クラックが外壁全体に及んでおり、施工面積が広くなると100万円を超える費用が発生するケースもあるのです。

では外壁補修の費用は施工してみないとわからないのか、と思うかもしれませんね。

「見積もり」によって、施工する前に費用を知ることができます。

■ クラック補修の見積もりとは?

見積もりとは、業者の担当者が現場を実際に見て被害状況を確認し、適切な工法や必要な資材を確定させて、それにかかる費用を算出したものです。

ひと口に外壁のクラックといっても被害状況はケースバイケースで、それによって必要な作業も異なります。電話などで説明しただけでは具体的な費用を計算することはできません。

担当者がプロ目線でしっかりと現場の被害状況を確認すれば、具体的な費用を計算できます。

■ クラック補修の見積もりでわかること

見積もりしてもらうことで、クラック補修にどのくらいの費用がかかるのかを知ることができるだけでなく、以下のポイントについても知ることができます。

・その業者の態度
・自宅の外壁の状況
・その業者が悪質であるかどうか

業者の態度や見積もりの内容を確認することで、「その業者が悪質であるかどうか」についても判断できます。

例えば、見積もりのために訪れた担当者が次のような態度だったら、それは悪質業者である可能性が高いと言えます。

・まともに外壁の被害状況を確認しようとしない
・見積もりの内容がいいかげん
・見積もりの内容を具体的に教えてくれない
・やたらと不安をあおり、施工契約を迫る
・見積額が他社と比べて異様に安い、または高い
・他の業者の悪口を言う

こうした悪質業者に施工を依頼してしまわないためには、「複数の業者に見積もりを依頼する」ことが重要です。

■ クラック補修の見積もりを依頼するのは3社が目安

複数の業者に見積もりを依頼するといっても、何十社も見積もりを依頼する必要はありません。

見積もりを依頼する業者数が多すぎると、デメリットもあるのです。

・見積もりの依頼に手間がかかる
・見積もりの完了までに時間がかかる
・緊急性の高い案件なので、見積もりの間に被害が悪化してしまう可能性がある

目安としては「3社程度」に見積もりを依頼するのがいいでしょう。

悪質な業者よりもまともな業者のほうが数は多いはずですから、3社に見積もりを依頼すれば、多数派のまともな業者がわかり、少数派の悪質業者を見抜くことができるのです。

3社程度なら大きな手間や時間もかかりませんので、業者を3社程度に厳選してから見積もりを依頼しましょう。

■ クラック補修の見積もりを依頼する業者の選定方法

「見積もりを依頼する数社」を選定する際にはインターネット上の情報が役立ちます。業者のホームページや比較サイト、口コミサイトなどをチェックして、以下の項目の中から、あなたが重視したいポイントで比較してみてください。

・料金設定の明瞭さ
・業者の創業年数の古さ
・施工実績の多さ
・外壁補修に関する資格の有無
・対応スピードの早さ
・口コミや評判の良さ

クラック補修はDIY(自力)でできるのか?

クラックの補修を業者に依頼せず、DIY(自力)で直せないかと思う方も多いでしょう。

クラック補修のための工具や資材などはホームセンターで販売しているので、業者の料金よりは安くできるのではないかと思うのも無理はありません。

しかし、外壁塗装のプロとして申し上げると、クラックの補修はDIY(自力)で行わず、業者に依頼することを断然おすすめします。

それはなぜでしょうか。

DIYでクラック補修を行うと、以下のような不安が生じるからです。

・被害状況を正確に把握できない可能性がある
・高所作業を中心にケガをする可能性がある
・作業内容に適した工具や資材を用意できない可能性がある
・仕上がりの質や見た目の変化に不安を感じる可能性がある

とくに構造クラックを放置すると、建物の耐久性などに悪影響を及ぼす可能性があります。

適切な施工によってクラックを補修すればそういう問題を解消できますが、外壁補修に詳しくない人では、適切な施工を実施できるかどうかわかりません。

外壁に不安を抱えたままでの生活は、ストレスになります。

不安をしっかりと解消するためには、外壁補修のプロである業者にクラック補修を依頼するのが一番なのです。

イロドリからのアドバイス

業者の選定では「費用の安さだけ」を目安に選定することはおすすめできません。
他のポイントも加味して総合的に判断しましょう。

外壁のクラックはなぜできる?
どうしたら補修できる?

外壁にクラックができないようにする対策

外壁のクラックを完全に予防することはきわめて難しいのですが、クラックによる被害を最小限に抑える方法はありますので、それを説明します。

クラック予防法①
技術力のある業者に外壁塗装を依頼する

外壁塗装は、経験とノウハウのあるプロの業者に依頼するのが一番です。

どの業者に外壁塗装を依頼しても、同じ品質の仕事をしてくれるわけではなく、上にも書きましたが、外壁塗装の適切な技術をちゃんともっていないと、クラックが発生するケースがあります。

施工不良によるクラックの発生リスクを抑えるためには、技術力のある業者に外壁塗装や補修を依頼することが重要なのです。

技術力がある業者を見つけるためには、以下のような情報を参考に比較すればいいでしょう。

・業者の創業年数の古さ
・施工実績の多さ
・口コミや評判の良さ

まず創業年数が古いということは、それだけ施工実績が豊富であるということです。また施工実績はそれだけの経験があることですから、外壁塗装の技術力の証になるでしょう。そして口コミや評判は、あまり鵜呑みにするべきではありませんが、比較するためのひとつの材料になるでしょう。

クラック予防法②
早めに補修を依頼する

建物の外壁にクラックが発生してしまったら、できるだけ早めに補修を業者に依頼しましょう。

外壁のクラックの発生原因はさまざまですが、中でも、「軽度のクラックを放置したために、それが重症化した」というケースは珍しくありません。

ヘアークラックと比べると構造クラックは建物に及ぼす悪影響が甚大です。被害が大きくなれば、補修工事にかかる手間と費用もそれだけ大きくなります。軽度のクラックのうちに補修しておけば、最小限の手間と費用で補修してもらえる可能性が高いわけです。

クラックを補修してもらうのであれば、ぜひ軽度のうちに依頼することをお勧めします。

軽度のクラックは、細く、小さいため、見落としてしまうことが多いでしょう。もし発見したら、緊急性がまだ低いうちに補修してしまうことをおすすめします。

イロドリからのアドバイス

技術力のある業者を見つけたら、以降は同じ業者に仕事を任せることができるので比較検討の手間を省くことができます。

外壁のクラックはなぜできる?
どうしたら補修できる?

クラックは業者に相談して早めに補修しましょう

外壁のクラックは、見た目が悪いというだけでなく、建物の構造そのものに悪影響を及ぼすことがあります。被害状況によって緊急性は異なりますが、放置すると、それだけデメリットが大きくなるでしょう。

被害が大きくなる前にクラックの補修を業者に依頼しましょう。

なるべく技術力の高い業者に依頼すれば質の高い仕事に仕上げてくれる可能性が高いため、どの業者に依頼するかということはとても大事です。どこでもいいや、と安易に業者を決めてしまうのではなく、総合的に比較判断して、依頼する業者を決めてください。

イロドリからのアドバイス

東京都・神奈川県・埼玉県の外壁塗装などのお悩みは、イロドリ株式会社までご相談くださいませ!

→ お問い合わせはコチラ

- Reform -

0円リフォーム

あたらしい
リフォームの仕組み

ぜんぶ現金負担0円でリフォームをおこなえるスマートリノベーションとは、住宅ローンの専門プランナーが金利引き下げのサポートをおこない、削減した金利分までリーフォームや諸費用を組み込んで借り換えをするため、お客様のご負担が一切発生しないリフォームの支払方法です。

- Contact -

お問い合わせ

なんでもお気軽に
お問い合わせください!

「外壁塗装の費用はどれくらいかかるの?」
「屋根塗装の期間はどのくらいかかるの?」
「外壁塗装はどれくらい長持ちするの?」

どんな些細ことでも構いません。
お気軽にお問い合わせください!
心を込めて、丁寧に対応させていただきます!

イロドリ公式インスタグラム イロドリ公式ユーチューブ イロドリ公式フェイスブック

- Recruit -

採用情報

共に成長できる
最高の仲間がいる。

イロドリは外壁塗装・屋根塗装・ブロック塀塗装などの外壁塗装工事を行う外壁塗装業者として多摩地域 No.1 を目指す株式会社吉田が立ち上げたブランドです。外壁塗装・屋根塗装の「高度な技術・新しい技術・プロと言われる技術を身に付けたい!」という熱意ある人を募集しています。

施工エリア

Area

対応エリア

八王子市、町田市、府中市、調布市、西東京市、小平市、三鷹市、日野市、立川市、東村山市、多摩市、武蔵野市、青梅市、国分寺市、小金井市、東久留米市、昭島市、稲城市、東大和市、狛江市、あきる野市、清瀬市、国立市、武蔵村山市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村などの多摩地域を中心に東京都・神奈川県・埼玉県が対象地域となります。
※その他の地域に関しましては、ご相談ください。